読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い色素はすぐ抜ける

髪を赤くしたいのにブリーチをしたくないという矛盾に悩む量産型サブカル女子大生です

別れる男に、花の名をひとつ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます

「別れる男に、花の名をひとつ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます」 川端康成の言葉だそうだ。 別れる男に、かどうかは置いておいて、花の名を自分を思い出す縁にさせるという発想はとても甘くて切なくてメンヘラちっくで素敵だと思う。 私は花が好きだ。…